PR

ニュース 政治

自民党新四役の就任記者会見詳報(上)二階氏、安倍総裁4選「決意固めたときは支援」

 下村氏「選対委員長を拝命した。直近では秋に、埼玉で参院選の補選があるし、また来年の東京五輪の前に東京都知事選がある。衆院選も常在戦場、いつあっても良い体制を今からしっかり準備することで、党勢拡大に少しでも貢献できるように努力・精進していきたい。これまで憲法改正推進本部長をさせてもらったが、幹事長、政調会長、総務会長とともに四役の1人として、党を挙げて憲法議論が国民にわき起こっていくよう、自民党としても対応をしなければならないと思うし、そういう観点から努力していきたい」

 --二階氏は安倍総裁の4選について肯定的な見解を示しているが、今、どう考えているか。憲法改正について、幹事長として具体的にどう取り組むか

 二階氏「安倍総裁はかねて憲法改正に非常な意欲を持っておられるから、今日もそのことを明確に内外に表明している。われわれは総裁の意向に沿って、党を挙げて憲法改正に向けて努力を重ねていきたい。安倍総裁はまだ4選についての決意を表明されたわけではないが、もし総裁がそういう決意を固められたときは、われわれは国民の意向に沿う形をもって、党を挙げて支援したい」

(下)に続く

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ