PR

ニュース 政治

自民党新四役の就任記者会見詳報(上)二階氏、安倍総裁4選「決意固めたときは支援」

記者会見する自民党の二階俊博幹事長=11日、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)
記者会見する自民党の二階俊博幹事長=11日、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)

 安倍晋三首相(自民党総裁)は11日午前、党本部で臨時総務会を開き、二階俊博幹事長、岸田文雄政調会長、鈴木俊一総務会長、下村博文選対委員長の党四役を正式に決定した。二階氏らの就任記者会見での発言は以下の通り。

【冒頭発言】

 二階氏「引き続き幹事長を拝命した。安定と挑戦ということを念頭におき、これからの党の運営を進めて参りたい。党役員人事も内閣改造も安倍総裁のお考えがしっかり反映された形になっていると思う。政治の安定なくして国民生活の安定もないのは当然のことだが、同時に、挑戦なくして新しい時代は切り開けないという決意の下に、われわれは常に挑戦を続けていく。チャレンジを続けていくということが党の基本だ」

 「国民が自民党ならやってくれるだろうと期待を抱いているとすれば、われわれはそのことに真摯(しんし)に、しかも真剣に、スピード感を持って対応していくということが大事だ。党と内閣が一丸となって、これからも結果を出していくように努めることを、最初に、冒頭に誓う」

 鈴木氏「本日、総務会で、総務の互選の中で総務会長に就任した。総務会は党大会、両院議員総会に次ぐ、いわば常設の党意思決定最高機関で、総務会長の責任は大変重いものがある。自民党は幅広い政党で、多様ないろいろな意見を各議員が持っている。物事の検討過程では、侃々諤々(かんかんがくがく)な議論がなされるが、最終的に決定されれば、それにきちんと従うというのがわが党の持つ一つの伝統であり、強みだ。いろいろな法案の最後の出口は総務会だ。最終的には一つにまとまり、一丸となって、その実現に向かっていく。そういうことをしっかりと心に置きながら、総務会の運営に当たっていきたい」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ