PR

ニュース 政治

【歴史の転換点から】江戸無血開城の「点と線」(3)西郷と勝 裏切りに見えた「誠」

前のニュース

旧田町薩摩藩邸跡に建てられた勝海舟・西郷隆盛会談碑=東京都港区(関厚夫撮影)
旧田町薩摩藩邸跡に建てられた勝海舟・西郷隆盛会談碑=東京都港区(関厚夫撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 勝海舟夫妻が眠り、東京都下の桜と紅葉の名所・洗足池公園のお隣に7日、大田区立勝海舟記念館がオープンした。歴史的建造物を増・改築した鉄筋コンクリート造り2階(一部3階)建てで床面積は850平方メートル。CG映像をはじめ視覚効果を凝らしたコーナーが並ぶなか、史料展示のメーンはやはり「江戸無血開城」である。西郷隆盛との会談を前に、最後の将軍・徳川慶喜が勝を「千両箱」と持ち上げ、頼りにしていた-と伝える勝の盟友・大久保一翁の書状が初公開されている。

勝の使命-日本人として

 慶応4(後の明治元=1868)年3月13、14日(旧暦)の両日、西郷隆盛との会談にのぞんだ勝は2種類のミッションを自らに課していた。

 まず徳川宗家の家臣として、朝敵となった主君・慶喜の助命を確定させること、またできるだけ現状に近い勢力を維持したまま、宗家を存続させることである。そして「家」や「藩」さらには身分を超えた一個の日本人として、百万を超す人口を抱える江戸を戦火から救い、諸外国の介入を招く内乱の勃発を回避したうえで、日本という国(勝は「皇国」という言葉を使っている)を次代に継承することだった。

 勝の日記類によれば、初日の会談では薩摩出身の天璋院(13代将軍・徳川家定夫人)や明治帝の叔母にあたる静寛院宮(14代将軍・徳川家茂夫人)の安全に関する協議に終始。本題の「徳川家処分」については翌日に持ち越された。そして運命の14日-。

 「今日天下の首都においてわが徳川家の興廃のために一戦し、わが国民を殺すことはわが君(慶喜のこと)は決してなさざるところ。新政府による徳川家処分が公平至当ならば、天に恥じることなく以後、朝威は輝き、皇国が正しい道を進んでいることによる感化は全国におよぶ。海外もまたそれを聞いてわが国に対する考えを抜本的に改めよう。これはわが君の願いであり、われわれ家臣の理解がおよぶことのできない、わが君の憂慮でもある」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ