PR

ニュース 政治

【政界徒然草】石破氏の側近に二階派が刺客か 波紋ブログも懸念材料

 ブログは党内でも波紋を広げた。無派閥の中堅議員は「首相候補とされる石破氏が『日本は戦争責任に向き合ってこなかった』と唱えたら、文在寅(ムン・ジェイン)政権による反日キャンペーンの補強材料になりかねない」と懸念する。この中堅は、党幹部にブログの修正を要請できないかと相談したという。

 高知2区をめぐる公認権争いは、尾崎氏が知事を退任後に過熱するとみられる。石破氏は派の領袖としてきちんと子分を守ることができるかどうか。それは、「ポスト安倍」を目指すために必要な「求心力」を測るバロメーターともなる。

(政治部 奥原慎平)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ