PR

ニュース 政治

沖縄知事が訪問「政治的なので副知事が対応」 大阪府知事

 沖縄の米軍基地問題について議論を深めてもらおうと、全国を回る「トークキャラバン」を展開中の玉城デニー沖縄県知事が9日午前に大阪府庁を訪問。新井純副知事と面会し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対している現状について説明した。

 同日午後に登庁した吉村洋文大阪府知事は、玉城氏と面会しなかったことについて、スケジュールの都合だったとしつつ、「政治的なキャラバンに関連した訪問だったので、中立的な立場で実務的に対応するのが誠実だとも考えた」と記者団に説明した。

 キャラバンは沖縄県主催で、東京と名古屋に続き大阪でも8日に開催された。吉村氏は、基地問題についての自身の考えが玉城氏と異なるとし、「基地移設を反対・阻止するというキャラバンは極めて政治的だと思う」と指摘。吉村氏が代表代行を務める「大阪維新の会」の看板政策「大阪都構想」を引き合いに「僕が府職員を使って、都構想賛成キャラバンをやるようなもの」と疑問を呈した。

 玉城氏は府庁に続き大阪市役所も訪問したが、維新代表の松井一郎市長は面会せず、中尾寛志副市長が対応した。松井氏は記者団に「(他意は)ないよ。日程が合わないということ」と答えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ