PR

ニュース 政治

抑留死新たに15人を特定 厚労省

 日本人抑留者の慰霊碑を訪れ、献花する安倍首相(中央)=6日、ロシア・ウラジオストク郊外(共同)
 日本人抑留者の慰霊碑を訪れ、献花する安倍首相(中央)=6日、ロシア・ウラジオストク郊外(共同)

 厚生労働省は6日、第二次大戦後に旧ソ連に抑留され、シベリア、モンゴル両地域で死亡した日本人計15人を特定し、都道府県別の出身地とともにホームページで公表した。これで抑留死亡者の特定はシベリア地域(モンゴル地域を含む)で4万321人となった。公表された15人は次の通り(漢字の字体は厚労省発表に基づく。敬称略)。

 ◇シベリア地域

 【北海道】土岐隆彦

 【青森県】岩根達雄

 【秋田県】根田重藏、泉文三郎

 【宮城県】杉浦三郎

 【茨城県】河又東女男

 【群馬県】坂田金弥、丸山八五郎

 【東京都】荒川熊太郎

 【長野県】柳田元三

 【愛知県】平下實

 【兵庫県】譲尾巧

 【熊本県】中山ちず子、石田一喜

 ◇モンゴル地域

 【岐阜県】中村賢造

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ