PR

ニュース 政治

【北海道地震から1年】全域停電防止へ地域間送電強化 再エネ導入後押しの期待も

 同時に電力各社は、停電が起きた場合に備える取り組みも強化している。関西電力は9日に人工知能(AI)を活用し、電話で停電状況を自動音声で回答するサービスを開始する。四国電力と九州電力はツイッターで、中部電力は無料通信アプリのLINE(ライン)でも停電関連情報を提供できるようにした。

 非常時の電力確保のためには多様な電源の確保も重要だ。北海道電は2月に液化天然ガス(LNG)を燃料にする石狩湾新港発電所1号機の営業運転を始めた。ただ、昨年の全域停電時に停止していた北海道電の泊原子力発電所は現在も再稼働には至っておらず、課題は残されている。(平尾孝)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ