PR

ニュース 政治

日本人の名前ローマ字表記を「姓-名」順に 政府方針

会見に臨む菅義偉官房長官=6日、首相官邸(春名中撮影) 
会見に臨む菅義偉官房長官=6日、首相官邸(春名中撮影) 

 政府は6日、政府文書に日本人の氏名をローマ字で表記する際、「名-姓」の順ではなく、日本語表記と同様に「姓-名」の順に統一する方針を決めた。柴山昌彦文部科学相が同日の閣僚懇談会で提案し、同意を得た。菅義偉(すが・よしひで)官房長官は記者会見で、民間にも「姓-名」順にするよう働きかけるか検討することを明らかにした。

 柴山氏は記者会見で「グローバル社会が進み、人類の持つ文化言語の多様性を互いに意識することがますます重要。日本人の姓名のローマ字表記は、日本の伝統に則した形にするのがいい」と意義を強調した。

 日本人名のローマ字表記をめぐっては、平成12年に当時の文相の諮問機関、国語審議会が「言語や文化の多様性を意識し、生かしていくべきだ。ローマ字表記も『姓-名』の順が望ましい」と答申したが浸透せず、首相官邸の英語版ホームページも安倍晋三首相を「Shinzo Abe」と表記するなど政府機関も「名-姓」の順が多かった。

 柴山氏が5月に「姓-名」の順とするよう改めて通知を出すと説明し、文科省がホームページで「名-姓」となっていた部分を修正した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ