PR

ニュース 政治

「交通安全対策」要望が過去最多 国民生活世論調査 老後不安は微増

 内閣府は30日、「国民生活に関する世論調査」を公表した。現在の生活について計73・8%が「満足」「まあ満足」と回答し、前年比0・9ポイント減だったが、過去3番目の高さだった。

 政府への要望で「交通安全対策」と答えた人は前年比7・4ポイント増の22・3%に上り、同じ選択肢で調査した平成10年以降で最も高かった。内閣府は、あおり運転や、大津市で保育園児らが死傷した事故、東京・池袋で母子が死亡した事故などの相次ぐ発生が背景にあるとみている。

 日頃の生活の中で「悩みや不安を感じている」と答えた人のうち、その内容が「老後の生活設計」と答えたのは56・7%で、前年比1・3ポイント増だった。内閣府は、「老後に夫婦で2千万円の蓄えが必要」とした金融庁審議会報告書が注目を集めたこともあり、将来に対する「備え」への関心が高まったと分析している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ