PR

ニュース 政治

「国際法違反状態の解決、強く求める」菅官房長官、文大統領の批判に反論

会見に臨む菅義偉官房長官=29日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=29日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅(すが)義偉官房長官は29日午前の記者会見で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が同日の閣議でいわゆる徴用工訴訟などをめぐる日本政府の対応を批判したことについて「大法院(最高裁)判決によって韓国側につくり出された国際法違反の状態を解決するよう引き続き強く求めたい」と反論した。

 文氏は閣議で「過去の過ちを認めも謝りもせず、歴史を歪曲(わいきょく)する日本政府の態度が被害者たちの傷や痛みをこじらせている」などと日本政府を強く批判した。

 また、米国のシュライバー国防次官補が韓国に対し、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定の再考を呼びかけていることについて、菅氏は「米韓の間のやり取りなので政府としてコメントは控えたい」としながらも、「韓国側には賢明な対応を強く求めていく」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ