PR

ニュース 政治

アフリカに2・1兆円の民間投資支援 TICAD開幕、首相基調演説

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)で記念撮影に臨む(前列右から)麻生太郎副総理兼財務相、国連のグテーレス事務総長、安倍晋三首相ら=28日午後、横浜市(宮崎瑞穂撮影)
第7回アフリカ開発会議(TICAD7)で記念撮影に臨む(前列右から)麻生太郎副総理兼財務相、国連のグテーレス事務総長、安倍晋三首相ら=28日午後、横浜市(宮崎瑞穂撮影)

 政府が主導する第7回アフリカ開発会議(TICAD)が28日、横浜市で開幕した。安倍晋三首相は開会式で基調演説し、アフリカの経済発展に向け、日本から今後3年間で200億ドル(約2兆1000億円)を超える民間投資が実施されるよう支援する方針を表明した。日本とアフリカとのビジネス推進を担うリーダー人材3000人の育成を支援する考えも示した。

 首相は演説で、日本とアフリカ諸国の共通課題に触れ、「日本とアフリカを結ぶインド太平洋を、法の支配が貫く国際公共財として大切に守る」と訴えた。

 紛争地域の平和と安定の実現に向け、アフリカ連合(AU)などと協力し、紛争の予防や調停を支援する政府の新たな取り組みも発表した。具体的には、警察官や裁判官など司法・治安維持分野で6万人の人材育成支援などを行う。

 首相は、全ての人が経済的な困難を伴わず保健医療サービスを受けられる「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)」の推進を掲げ、「日本政府はアフリカで新たに300万人の人にUHCを及ぼすことを約束する」と述べた。

 会議には、共同議長を務めるエジプトのシーシー大統領を始め、アフリカ各国の首脳らが参加した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ