PR

ニュース 政治

菅官房長官「次元異なる問題」韓国首相のGSOMIA破棄再検討発言

会見に臨む菅義偉官房長官=27日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=27日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は27日午前の記者会見で、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が日本側が輸出管理強化措置を撤回すれば、韓国側も日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定を「再検討することが望ましい」と韓国国会で答弁したことに関し、「両者はまったく次元の異なる問題だ」と述べた。

 菅氏は、協定破棄決定について「地域の安全保障の環境を完全に見誤った対応で、極めて遺憾」と韓国側の対応を改めて批判した。「協定終了の通告を含め、韓国側から否定的で非合理的な動きが相次ぎ、非常に厳しい状況が続いている」とした上で、「さまざまな問題について、引き続き韓国側に賢明な対応を求めたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ