PR

ニュース 政治

「連合政権」へ協議入り要請 共産が野党各党へ

 共産党の小池晃書記局長は26日、立憲民主党、国民民主党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の幹部と相次ぎ会談し、次期衆院選を見据え、「野党連合政権」に向けた協議を速やかに始めるよう申し入れた。れいわ新選組には書面で伝え、社民党にも近く伝達する。ただ立民などは共産との連立に否定的で、協議の実現は見通せない。

 申し入れ後の記者会見で、共産の志位和夫委員長は「次期衆院選で野党共闘を発展させようとすれば、野党の政権構想を国民に示すことが勝利のために必要だ」と強調した。その上で「党首会談で率直な話し合いをしたい」と語った。共産の政権構想は立民の枝野幸男代表を首相に担ぐことを想定している。

 一方、小池氏と会談した立民の福山哲郎幹事長は記者団に「今日は聞き置いただけだ。枝野代表に伝えたい」と述べるにとどめた。 野党内では、すでに立民と国民民主が統一会派を組むことで合意し、社保も合流する方針。枝野氏は共産には統一会派入りを呼びかけなかった。共産との連立について立民幹部は繰り返し「無理だ」と述べており、共産の積極性だけが目立っている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ