PR

ニュース 政治

引きこもり支援、初の自治体サミット 岡山で開催

 引きこもり支援の課題を共有し現場対応に生かそうと、「全国ひきこもり支援基礎自治体サミット」が26日、岡山県総社市で初めて開かれた。5市長が参加し、毎年サミットを開いて支援策を全国に発信することを確認した上で「すべての人々に寄り添い、支援に果敢に取り組む」とする宣言文を採択した。

 5市は総社市の他、群馬県安中市と愛知県豊明市、滋賀県守山市、山口県宇部市。宮本和宏守山市長は専任支援コーディネーターを配置して訪問支援したり、有識者を交えた情報共有会議を開いて支援に当たったりする取り組みを紹介した。片岡聡一総社市長は、家族会の設立や、空き家を用いて当事者が集まれる居場所を開設してサポート体制を構築していることを報告した。

 NPO法人「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」(東京)の伊藤正俊共同代表は「地域によって支援に温度差がある」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ