PR

ニュース 政治

河野外相、韓国政府に「断固として抗議」

外務省で取材に応じる河野太郎外相=22日、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)
外務省で取材に応じる河野太郎外相=22日、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 河野太郎外相は22日、韓国による日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定を受け、南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使を外務省に呼び、直接抗議した。南氏は本国に伝えると答えたという。日本政府は、協定破棄の狙いに関する情報収集と分析を急ぐ。

 河野氏は同日、GSOMIA破棄決定に関する抗議意思を表明する談話を発表し、「現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応と言わざるを得ず、極めて遺憾だ」と批判した。

 また、「韓国政府は、韓国政府による協定終了の決定とわが国による輸出管理の運用見直しを関連付けているが、両者は全く次元の異なる問題であり、韓国側の主張は全く受け入れられず、韓国政府に対し、断固として抗議する」とも指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ