PR

ニュース 政治

N国・立花党首がMX前で抗議活動 崎陽軒には「ごめんなさい」

TOKYO-MX前で、崎陽軒の箱を手に話をする、NHKから国民を守る党の党首、立花孝志氏 = 東京・麹町 (撮影・中井誠)
TOKYO-MX前で、崎陽軒の箱を手に話をする、NHKから国民を守る党の党首、立花孝志氏 = 東京・麹町 (撮影・中井誠)
その他の写真を見る(1/2枚)

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首は19日、東京・麹町のTOKYO MX前で、同局番組「5時に夢中!」でタレントのマツコ・デラックスさんから批判されたことに対する抗議活動を行った。番組のスポンサーである崎陽軒への「不買運動」に言及したことについては謝罪した。

 立花氏は「MXは公平・中立に放送しないといけないという放送法4条に違反している」と主張。これに対する同局の見解を求め、回答が得られるまで毎週月曜の訪問を続けるとした。一方で「いじめになるので、マツコさんへの個人的な攻撃は控える」とした。

 立花氏は「シウマイ」で有名な崎陽軒に対し不買を宣言していたが、「ごめんなさいと言いたい。実害があれば、言ってくれれば対応したい」と話した。

 マツコさんは7月29日に放送された番組で立花氏を批判し、反発した立花氏は謝罪を求め今月12日に同局前に押しかけていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ