PR

ニュース 政治

菅官房長官がデジタル美術館視察「外国人旅行者4000万人の達成目指す」

デジタル美術館「森ビル チームラボボーダレス」を視察した後、記者の取材に応じる菅義偉官房長官=19日午前、東京都江東区の同施設内(大島悠亮撮影)
デジタル美術館「森ビル チームラボボーダレス」を視察した後、記者の取材に応じる菅義偉官房長官=19日午前、東京都江東区の同施設内(大島悠亮撮影)

 菅義偉官房長官は19日午前、多くの観光客の人気を集めているデジタルアート美術館「森ビル チームラボ ボーダレス」(東京都江東区)を視察した。菅氏は視察後、記者団に「真の観光立国、(訪日外国人旅行者数)4000万人の目標達成の実現を目指していく」と語った。

 菅氏は関係者の説明に耳を傾けながら、幻想的な光や映像に包まれた施設内をゆっくりと鑑賞。出されたお茶に花が映し出される映像作品などを体験した。菅氏は「(同施設は)新たな(観光)コンテンツ開発の究極のモデルといえる。参加者の体験、楽しさ、分かりやすさといった要素は日本の観光がもう一段上を目指す上で必要になる」と感想を述べた。

 同施設は昨年6月に開業し、1年間の来場者数は約230万人。そのうち約半数は外国人とされ、新たな日本の観光スポットとして注目されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ