PR

ニュース 政治

終戦の日 国民民主党「戦争の惨禍、令和に語り継ぐ」

 本日、74回目の終戦記念日を迎えました。

 先の大戦では多くの方が戦場で非命に倒れ、一般国民も原爆、空襲、沖縄戦などの戦禍に巻き込まれ、約310万人が尊い命を落としました。また、終戦後も異国での抑留中や、原爆や傷病の後遺症で亡くなられる方も多くいらっしゃいました。

 ここに、すべての犠牲者の方々に衷心より哀悼の誠をささげます。

 今日の日本の平和と繁栄は、戦争によって命を落とされた方々の尊い犠牲と戦後の辛苦に耐え、復興の道を歩んでこられた先人のご努力の上に成り立っています。また、私たちは、不戦の誓いのもと、憲法の平和主義にのっとり、戦後74年間、日本が歩んできた道は正しいものであり、誇れるものであると確信しています。

 われわれは昭和、平成と引き継いできた、戦争の惨禍の教訓を風化させることなく、令和の世代へと語り継いでいかなければなりません。

 私たちは日本の平和主義、立憲主義、民主主義を守り、発展させるため、あらゆる努力を払っていくことを令和最初の終戦記念日にあたり、国民の皆さまにお誓い致します。(玉木雄一郎代表談話)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ