PR

ニュース 政治

アフリカ支援、民間に軸足 28日から横浜でTICAD7

 アフリカで暮らす日本人と中国人の数にも、大きな差が生じている。在留邦人は8000人程度だが、中国人は100万人に上る。「中国に比べ日本の存在感は格段に薄い」(政府関係者)のが現状だ。

 もっとも、巨費を投じてアフリカでの影響力を拡大する中国の手法は、問題も引き起こしている。ジブチなど過剰な融資により多額の債務を抱える国が出始め、「中国から距離をとっている国も多い」(外務省関係者)という。

 そのため日本は資金力ではなく、国家の持続可能な発展に結びつく人材育成で貢献する方針だ。法律や財政の専門家、技術者、日本企業の進出を支えるビジネスマンなど、自立的な経済発展に必要な人材は幅広く求められているため、日本企業への受け入れ策も打ち出したい考えだ。

 アフリカは深刻な貧困問題や国際テロ対策などの課題も抱える。平和と安定に向けた対応も会議の議題となる見通しだ。(力武崇樹)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ