PR

ニュース 政治

自民党、相次ぎ研修会 人事にらみ派閥「熱い夏」

 自民党各派閥の夏の研修会が8月下旬から相次いで開催される。先の参院選で勢力を拡大した派閥もあれば、所属議員数を減らした派閥もある。安倍晋三首相が9月中旬に行う予定の内閣改造・党役員人事をにらみ、派内の結束を図るとともにポスト獲得へ存在感を示す狙いがある。

 研修場所として人気が高いのは長野県軽井沢町だ。

 竹下派(平成研究会、53人)は25、26両日、各派の先陣を切って軽井沢町を訪れる。インターネットによる選挙運動について慶応大大学院の田代光輝・特任准教授の講演を聴く。

 病気療養中の竹下亘会長は参加を見送る方向。会長代行の吉田博美氏も引退し、参院選前に比べ所属議員数は2人減。茂木敏充経済再生担当相と加藤勝信総務会長の2人の「ポスト安倍」候補を抱えるが、派内結束の維持が課題だ。

 首相の出身派閥で党内最大の細田派(清和政策研究会、97人)は9月4、5両日、例年通り軽井沢町で開催。楽天の三木谷浩史会長兼社長や国際政治学者の三浦瑠麗さんが講師を務める予定だ。

 麻生派(志公会、54人)は9月3日、横浜市で開催。所属議員数は参院選前から2減。研修会では党憲法改正推進本部の高村正彦最高顧問が改憲をテーマに講演する。首相が目指す改憲の実現へ機運の醸成を図り、存在感を示す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ