PR

ニュース 政治

宜野湾市長、辺野古移設を「容認」

米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設「容認」を打ち出した沖縄県宜野湾市の松川正則市長=9日午後、宜野湾市役所
米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設「容認」を打ち出した沖縄県宜野湾市の松川正則市長=9日午後、宜野湾市役所

 沖縄県宜野湾市の松川正則市長は9日の記者会見で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設について「工事が進んでいる状況で、玉城デニー知事から何らかの打開策がない以上、容認せざるを得ない」と述べた。松川氏は就任当初、辺野古移設への賛否を明確にしていなかったが、容認に転換した。

 13日には宜野湾市内の沖縄国際大に普天間飛行場所属の米海兵隊ヘリコプターが墜落してから15年となる。松川氏は辺野古移設が実現すれば「普天間飛行場の現状よりは、はるかに危険性は改善される」と強調した。

 一方で「返還合意から23年、事故から15年が経過したいまなお、普天間飛行場全面返還という約束が守られず、市民の切実な願いが置き去りにされ続けている現状と、経過した時間の重みについて全県民、全国民の皆さまにぜひ考えていただきたい」と訴えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ