PR

ニュース 政治

海上警備行動「検討を」 前統幕長、有志連合構想

東京都内で開かれたシンポジウムに出席した河野克俊氏=9日午後
東京都内で開かれたシンポジウムに出席した河野克俊氏=9日午後

 防衛省制服組トップの統合幕僚長を今年4月に退任した河野克俊氏は9日、東京都内で開かれたシンポジウムで、中東・ホルムズ海峡の安全確保に向けた米国主導の有志連合構想をめぐり、「日本のタンカーが危機的状況だと判断されれば、艦船による直接護衛しかない。(自衛隊法による)海上警備行動を真剣に検討すべきだ」との考えを示した。

 河野氏は自衛隊の派遣の時期について「今直ちに、という状況ではない。タイミングは慎重に検討すべきだ」と指摘した。

 現状では、アフリカ東部アデン湾で海賊対処のため活動する海上自衛隊P3C哨戒機を、ホルムズ海峡から離れた海域で警戒監視に当たらせる案が有効だとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ