PR

ニュース 政治

【単刀直言】鈴木宗男・日本維新の会参院議員 北方領土 焦点は9月会談

前のニュース

日本維新の会の鈴木宗男参院議員=7日、東京都千代田区(飯田英男撮影)
日本維新の会の鈴木宗男参院議員=7日、東京都千代田区(飯田英男撮影)

 7月の参院選で日本維新の会から出馬し、9年ぶりに国政に復帰することができました。維新が掲げる「身を切る改革」は、私が平成17年に立ち上げた政治団体「新党大地」の考え方とまったく同じです。議員定数や議員報酬などの削減は、大地もずっと主張してきたことなので違和感はありません。

 そして何より、維新は健全な保守政党です。外交、安全保障、教育、治安といった国家の基本政策について、維新も自民党も差はありません。離合集散とは無縁でいられなかった政党ではありますが、離れていったのは「オレが、オレが」の人たちばかりです。「おかげ、おかげ」の精神でいけばいいのに。才能に恵まれた若い人が多いので、少しでも私の経験や知恵をいかしてもらえたらありがたいですね。

 私は、久しぶりに復帰した国会で外交、特に長年取り組んできた北方領土問題の解決に向け、全力で安倍晋三首相を支えます。

 早速8月1日、安倍首相に当選のあいさつに伺いました。そのとき首相は強い決意を込めて、こうおっしゃった。「日露は自分の手でやる」。70年以上解決できていない北方領土問題に必ずや自身の手で終止符を打ち、平和条約を結ぶということです。

 そのとき脳裏に浮かんだのが、今から4年前、平成27年12月の安倍首相とのやりとりです。私も出席した内閣制度創始130周年記念式典で首相から「積もる話もあるので、たまには官邸にきてくださいよ」と言われ、年末の28日にお邪魔することになりました。

 その席で、安倍首相は日露交渉の経緯から今後の進め方まで一気に語られました。旧ソ連時代からの歴史を踏まえて交渉の方向性を考えておられ、私も心から賛同できるものでした。そして、「来年からロシアをやります」と明確におっしゃった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ