PR

ニュース 政治

埼玉県知事選告示 事実上の与野党対決、5新人が立候補

埼玉県知事選立候補者
埼玉県知事選立候補者

 任期満了に伴う埼玉県知事選が8日告示され、元防衛政務官の大野元裕氏(55)、元高校教諭の武田信弘氏(65)、NHKから国民を守る党の医師、浜田聡氏(42)、元会社員の桜井志津江氏(63)、スポーツライターの青島健太氏(61)=自民、公明推薦=の5新人が立候補した。浜田氏以外は無所属。25日に投開票される。

 事実上、与党の手厚い支援を受ける青島氏と、立憲民主党など野党4党が支援する大野氏による与野党対決の一騎打ちとなり、激戦が予想される。4期目の現職、上田清司氏は退任を表明し、16年ぶりに新人同士の争いとなった。

 青島氏は菅義偉官房長官や自民党の二階俊博幹事長ら政権・与党幹部の応援を告示前から直接受け、「国とのパイプをつくる」と強調。県議会で上田氏と対立してきた自民県議団は県政奪還を狙う。

 国民民主党を離党して出馬した大野氏は立民、国民、社民各党の県組織から支持を受け、共産党も支援する。上田氏の全面的な後押しも受けており「上田県政を継承し、発展させる」と訴える。

 浜田氏は、受信料を払う人だけがNHKの放送を視聴できるスクランブル放送の実現などを掲げている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ