PR

ニュース 政治

日米防衛相「有志連合」を協議 GSOMIAの重要性など確認

日米防衛相会談で握手するエスパー米国防長官(左)と岩屋防衛相=7日午前、防衛省
日米防衛相会談で握手するエスパー米国防長官(左)と岩屋防衛相=7日午前、防衛省

 岩屋毅防衛相は7日、エスパー米国防長官と防衛省で会談し、中東・ホルムズ海峡の航行の安全確保を目指し、米国が参加を求める有志連合構想をめぐり意見交換した。岩屋氏は原油の安定供給の確保や日本と米国、イランとの関係を挙げ、「さまざま角度から検討して政府全体として総合的に判断していきたい」と述べた。

 日米防衛相会談は、エスパー氏の国防長官就任後初めて。会談では、有志連合構想とは別に、日本独自の対応として海上自衛隊哨戒機の派遣を検討している考えを伝えた可能性がある。

 北朝鮮情勢をめぐる日米韓の連携のあり方についても協議し、韓国で破棄を求める声が出ている日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を維持する重要性を確認した。

 北朝鮮が立て続けに短距離弾道ミサイルなどを発射していることについても協議し、北朝鮮の非核化に向け、国連安全保障理事会決議の完全履行が重要だとの認識で一致した。

 会談では海洋進出を強める中国を念頭に、南シナ海や東シナ海での「力を背景とした一方的な現状変更の試み」に反対することで一致。尖閣諸島(沖縄県石垣市)が、米国の日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用範囲であり、「日本の施政を損なおうとするいかなる一方的な行動」に反対することを改めて確認した。

 自由で開かれたインド太平洋の実現に向け、日米が基軸となって関係国と協力していく重要性についても認識を共有した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ