PR

ニュース 政治

引退の吉田博美氏、自民総裁特別補佐就任 安倍首相が打診

 安倍晋三首相(自民党総裁)は7日午前、引退した吉田博美前参院幹事長を東京都内の入院先に訪れ、党総裁特別補佐への就任を打診した。吉田氏は快諾し、同日付で就任した。引退した元議員を起用するのは異例で、首相は吉田氏に参院の運営に関する助言を期待している。

 首相は吉田氏を見舞った後、自身のツイッターに「参院議員を引退されましたが、国を思う気持ちは微塵(みじん)も変わることなく、ほとばしるような情熱に、改めて、心を打たれました」と投稿。2人が写った病室内の写真も添えた。

 吉田氏は参院議員を3期務め、参院自民党の最高実力者として国会運営や人事を取り仕切ってきた。首相とは盟友関係にあったが、健康問題を理由に7月の参院選には出馬しなかった。

 総裁特別補佐は現在、稲田朋美元防衛相が務めており、過去には萩生田光一幹事長代行や西村康稔官房副長官が務めていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ