PR

ニュース 政治

韓国・釜山市が行政交流中断 「日本と関係改善まで」

徴用工問題で日本に謝罪を求める市民団体=2019年5月1日、韓国・釜山の日本総領事館前(名村隆寛撮影)
徴用工問題で日本に謝罪を求める市民団体=2019年5月1日、韓国・釜山の日本総領事館前(名村隆寛撮影)

 【ソウル=名村隆寛】韓国南東部の釜山(プサン)市は28日、悪化している日韓関係が改善するまでの間、日本との行政交流を中断すると発表した。

 長崎市で27、28日開催で予定されていた釜山東亜大学のテコンドー公演が中止。8月に計画されていた朝鮮通信使の復元木造船の対馬寄港も中止になっている。今後は公務の訪日も制限されるという。

 釜山市は「日本の不当な経済報復措置を知らしめ、文在寅(ムン・ジェイン)政権と共同で対応するため」と説明している。文氏の与党「共に民主党」に所属する呉巨敦(オ・ゴドン)市長は、市主催の日韓交流行事の全面見直しを表明していた。

 釜山市との日韓関連行事では、在釜山総領事館前への慰安婦像設置をめぐり、日本政府が2017年1月から現在に至るまで、総領事館職員による市関連行事への参加を見合わせる対抗措置をとっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ