PR

ニュース 政治

北飛翔体は「短距離弾道ミサイル」 日本政府関係者 首相「影響与える事態ではない」 EEZへの飛来確認されず

 安倍晋三首相は25日午前、北朝鮮による飛翔(ひしょう)体の発射について「わが国の安全保障に影響を与える事態ではないことを確認している。今後、米国と緊密に連携していく」と述べた。静養先の山梨県富士河口湖町で記者団に語った。日本政府関係者は、短距離弾道ミサイルと確認したと明らかにした。

 防衛省は「わが国領域や排他的経済水域(EEZ)への弾道ミサイルの飛来は確認されておらず、現時点において、わが国の安全保障に直ちに影響を与えるような事態は確認されていない」と発表した。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は記者会見で「現時点において付近を航行する航空機や船舶の被害報告は受けていない」と述べた。

 岩屋毅防衛相は防衛省で記者団に「もし弾道ミサイルであれば国連安全保障理事会決議に違反している。こうした発射事案は非常に遺憾だ」と述べた。その上で「米国や韓国と緊密に連携しながら情報収集と分析に努め、警戒監視に万全を期す」と強調した。米朝、日朝関係への影響について「好ましくない事態であることは間違いない」と語った。

 外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は、米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表、韓国の李度勲(イ・ドフン)・朝鮮半島平和交渉本部長とそれぞれ電話協議した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ