PR

ニュース 政治

岩屋防衛相「発射は遺憾」 北朝鮮飛翔体

 岩屋毅防衛相は25日午前、北朝鮮が発射した飛翔(ひしょう)体について「もし弾道ミサイルであれば国連安全保障理事会決議に違反している。こうした発射事案は非常に遺憾だ」と述べた。防衛省で記者団に語った。

 飛翔体の種類や数、飛距離、発射の意図については「分析中」とした。その上で「米国や韓国と緊密に連携しながら情報収集と分析に努め、警戒監視に万全を期す」と強調した。

 米朝、日朝関係への影響については「好ましくない事態であることは間違いない」と述べた。

 防衛省は同日午前8時ごろから関係幹部会議を開き、情報の集約や分析に当たった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ