PR

参院選2019特集 政治

参院選神奈川選挙区で自民現職の島村大氏が再選確実

当確が伝えられ、支持者らとともに万歳三唱する自民の島村大氏(中央)=21日、横浜市(太田泰撮影) 
当確が伝えられ、支持者らとともに万歳三唱する自民の島村大氏(中央)=21日、横浜市(太田泰撮影) 

 21日投開票の参院選で、14人が立候補した神奈川選挙区(改選数4)は、自民現職の島村大氏(58)が再選を確実にした。

 島村氏は選挙戦を通し、街頭演説などで、健康寿命の延伸につながる社会保障制度改革など、1期6年間の実績を強調。「(健康寿命の)認知度拡大から実践段階を目指していく」などとして、取り組みの継続と前進を約束。2週間以上にわたる選挙戦を終始優位に進めた。

 票固めを図るべく、県連を中心とした各議員らが総力で取り組み、JRや私鉄沿線の各駅前でこまめな街頭演説を繰り返すなど地道な立ち回りが奏功。組織票のみならず、多くの無党派層の支持も取り付けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

参院選ニュース速報 産経公式Twitter

ランキング

ブランドコンテンツ