PR

参院選2019特集 政治

前回を4・53ポイント下回る 参院選の午後4時投票率

前のニュース

投票する有権者=21日、大津市
投票する有権者=21日、大津市

 第25回参院選は21日午前7時から全国各地の投票所で投票が始まった。総務省が発表した午後4時現在の投票率は全国平均22・72%で、前回2016年参院選の同時刻を4・53ポイント下回った。都道府県別で最も高いのは山形の30・95%。新潟27・88%、岩手27・76%と続いた。最も低いのは沖縄の17・42%。次いで福岡18・45%、千葉18・60%だった。

 宮城を除く46都道府県で前回同時刻の投票率を下回っており、最も下がっているのは佐賀の10・04ポイント。次いで鹿児島の8・80ポイント、青森8・67ポイント、福岡の8・08ポイント。九州地方は台風5号に伴う大雨が影響しているとみられる。

 期日前投票者数は前回の1・06倍。前回の最終的な投票率は54・70%で、過去最低は1995年の44・52%だった。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

参院選ニュース速報 産経公式Twitter

ランキング

ブランドコンテンツ