PR

参院選2019特集 政治

投票用紙を二重交付 福島県須賀川市

 福島県須賀川市選挙管理委員会は21日、参院選投票所で有権者1人に選挙区の投票用紙を二重交付するミスがあったと発表した。選挙区の投票を終えた有権者に、比例代表の用紙と間違えて再び選挙区の用紙を渡した。

 選挙区の用紙に比例の政党名や候補者名が書かれていると無効になる。選挙区の候補者名が書かれていても、比例の投票箱に入っていれば、票としてカウントしないという。

 午前8時20分ごろ、用紙の交付枚数と投票者数が合わないことに気付いた。1人の係員で対応していたためで、問題を受けて2人態勢に切り替えたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

参院選ニュース速報 産経公式Twitter

ランキング

ブランドコンテンツ