PR

参院選2019特集 政治

自民党・安倍総裁「強い経済つくれば年金基盤も強く」

前のニュース

 安倍晋三首相(自民党総裁)は参院選(21日投開票)の選挙戦最終日となった20日、秋田県など重点区を回り、自民党候補への支持を呼びかけた。

 埼玉県のJR川口駅前での街頭演説では年金問題に言及し、「野党は財源も示さず、具体的な提案もせず不安ばかりをあおっている」と批判した。また、第2次政権以降の経済政策によって「雇用が380万人増えた。(年金の)支え手が増え、保険料収入を増やすことができた」と強調した。その上で「強い経済をつくれば、年金の基盤も強くすることができる」と訴えた。

 さらに、自民党が惨敗した平成19年の参院選やその後に誕生した民主党政権を振り返り、「決められない政治で経済は低迷した。令和を迎えて、あの時代に逆戻りするわけにはいかない」と述べた。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

参院選ニュース速報 産経公式Twitter

ランキング

ブランドコンテンツ