PR

参院選2019特集 政治

【参院選】注目選挙区の終盤情勢 東京、残り3枠混戦 大阪、先行する維新を自民が追い上げ

≪兵庫≫

 自民新人の加田が他を突き放し、維新現職の清水も混戦を抜け出した。残る3議席目を立民安田と公明高橋の両新人が争う。

 加田は県内各地をくまなく回り、自民支持層を手堅く固めて組織を引き締める。清水は知名度の高さを武器に都市部以外にも手を伸ばし、保守層への浸透も目指す。

 安田は無党派層の支持拡大を図り、党幹部が連日、選挙区入りして政権批判票の受け皿を狙う。高橋は公明支持層を固め、推薦を得た自民幹部の応援を受けて票の上積みに懸命だ。共産金田は伸び悩んでいる。

≪広島≫

 2議席独占を目指す自民の新人河井と現職溝手、無所属の現職森本が三つどもえの接戦を繰り広げている。

 党本部が擁立を主導した河井は党幹部らの相次ぐ広島入りで勢いを増し、公明支持層にも浸透している。6選を目指す溝手は県連の支援で組織固めを進め、新たな票の掘り起こしに懸命だ。森本は「自民の議席独占阻止」を掲げ、無党派層にも働きかけを強めて2人を猛追する。

≪大分≫

 自民現職の礒崎と野党統一候補で無所属新人の安達が激しく競り合うが、礒崎がややリード。首相、安倍らの来援を追い風に自民支持層の大半を固め、無党派層への浸透にも力を注ぐ。安達は大票田の大分・別府両市での支持拡大を進め、巻き返しを図る。(敬称略)

■世論調査の方法 19選挙区で実施。サンプル数は満18歳以上の有権者計1万9924人。選挙区ごとの性別・年齢構成に合わせ、固定電話の番号を無作為に発生させるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)方式で算出した回答が得られるまで行った。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

参院選ニュース速報 産経公式Twitter

ランキング

ブランドコンテンツ