PR

参院選2019特集 政治

「改憲議論、与野党超えて求める声」 自民・萩生田幹事長代行

自民党の萩生田光一幹事長代行
自民党の萩生田光一幹事長代行

 自民党の萩生田光一幹事長代行は16日、国会で憲法改正の議論を進める必要性を改めて訴えた。党本部で記者団に対し「国会議員が憲法の議論をしないのはいかがなものかというのは、与野党を超えて支援者が求めていること」と訴えた。

 萩生田氏は「乱暴な(国会)運営を望んでいるわけではない。お互いに合意して、必要なところから必要な議論をしていけばいい」との考えを示した。安倍晋三首相(自民党総裁)は参院選(21日投開票)の争点として改憲議論の是非を掲げている。萩生田氏は与党が勝利した場合、「民意を受けてしっかり議論を進めてほしい」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

参院選ニュース速報 産経公式Twitter

ランキング

ブランドコンテンツ