PR

ニュース 政治

ANAがファースト、ビジネスのシート刷新 B777-300ER型機

引き戸式のドアを備えて個室型になったほか、4Kモニターも備えた新しいANAのビジネスクラスのシート=11日、羽田空港
引き戸式のドアを備えて個室型になったほか、4Kモニターも備えた新しいANAのビジネスクラスのシート=11日、羽田空港

 全日本空輸(ANA)は11日、今夏に9年ぶりに刷新する国際線のビジネスクラスとファーストクラスのシートなどを公開した。ビジネス、ファーストともに世界の航空会社で初の4Kモニターを設置したほか、引き戸のついた個室型シートとすることでプライベート空間を意識した。

 デザインを監修した建築家の隈研吾(くまけんご)氏は「木の持つやさしい質感を感じられる素材がふんだんに使われており、床や壁面すべてに日本の空間のエッセンスが生きている」と日本の伝統的な空間デザインを取り入れたことを明らかにした。

 ファーストクラスはANAとして最大の広さとなるドア付きの個室型シートで、世界初の43インチの大型4Kモニターを備えた。ビジネスクラスは現行の約2倍の幅に拡大。ファーストと同様に世界初の4Kモニターを備えたほか、ドア付きの個室型シートにしてプライバシー空間を実現した。

 ファースト、ビジネス両クラスのシートが刷新されるのはボーイング777-300ER型機12機で、順次刷新されるが、最初に刷新された機材は8月2日から羽田-ロンドン線にお目見えする。次に刷新される機材について、平子裕志社長は「ロンドン線は多くのお客さまに利用される欧州の中心。次は別大陸ということでニューヨーク線を考えている」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ