PR

ニュース 政治

「君みたいなのが事務所に欲しかったよ」 森田千葉県知事、ジャニー喜多川さんとの思い出明かす

俳優デビュー直後にジャニー喜多川さんから声をかけられた思い出を語る千葉県の森田健作知事=11日、千葉県庁(永田岳彦撮影)
俳優デビュー直後にジャニー喜多川さんから声をかけられた思い出を語る千葉県の森田健作知事=11日、千葉県庁(永田岳彦撮影)

 千葉県の森田健作知事は11日の記者会見で、9日に87歳で亡くなった芸能プロダクション「ジャニーズ事務所」社長のジャニー喜多川さんとの思い出を語った。

 森田知事がジャニーさんと初めて会ったのは俳優デビュー直後の19歳の時。場所はジャニーさんがプロデュースしたグループ「フォーリーブス」との仕事の現場で、ジャニーさんは知事を見るなり笑顔で「君みたいなのがうちの事務所に欲しかったよ」と話しかけてきたという。

 知事は「デビュー直後でぺーぺーの私にも気軽に声をかけてくれる包容力がすごかった。この言葉を今でも勲章にしている」と振り返り、「将来を考えて、所属タレントの長所を伸ばすアイデアマン。まだまだプロデューサーとして芸能界を盛り上げてほしかった」とその死を悼んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ