PR

ニュース 政治

韓国企業の不正輸出、野上官房副長官「事案の性質上差し控えたい」

会見に臨む野上浩太郎官房副長官=11日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む野上浩太郎官房副長官=11日午前、首相官邸(春名中撮影)

 野上浩太郎官房副長官は11日午前の記者会見で、大量破壊兵器製造に転用可能な物資を北朝鮮の友好国に不正輸出したとして、韓国政府が複数の韓国企業を行政処分していた問題について「報道は承知しているが、お答えすることは事案の性質上差し控えたい」と述べるにとどめた。

 野上氏はその上で、韓国側が日本政府に半導体材料の輸出規制強化の即時撤回を求めていることに関して「安全保障のための輸出管理制度の適切な運用に必要な見直しだ」と反論し、改めて撤回しない考えを強調した。

 不正輸出企業への行政処分の状況は、韓国で貿易管理を担当する産業通商資源省が作成した「戦略物資無許可輸出摘発現況」で判明。サリン原料の「フッ化ナトリウム」がイランに不正輸出されていたことなどが明記されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ