PR

参院選2019特集 政治

【参院選】中盤情勢・九州沖縄 大分、安達VS礒崎

前のニュース

≪福岡≫

 自民現職の松山が一歩抜け出し、立民現職の野田と公明新人の下野が追う。共産新人の河野と国民新人の春田は広がりを欠く。

 松山は党の要職や閣僚を務めた実績をアピール。集会を重ねるなどして組織戦を展開する。野田は推薦を得た連合傘下の産業別労働組合をまとめつつ、ミニ集会を重ねて、票を掘り起こす。

 下野は党幹部が続々と応援に入って公明支持層を固めたほか、一部自民国会議員の応援も得て、自民支持層への食い込みを狙う。河野は共産支持層のほか、新たな支持の獲得も目指す。立候補表明が遅れた春田は巻き返しに躍起だ。

≪佐賀≫

 自民が追加指定した「激戦区」の一つ。自民現職の山下が組織固めを進め、国民元職の犬塚を大きくリードしている。山下は与党支持層に加えて国民支持層にも食い込みを見せており、野党共闘態勢を脅かす。犬塚は出遅れの挽回に懸命だ。

≪長崎≫

 再選を目指す自民現職の古賀がやや優位に立つものの、国民新人の白川も懸命に追い、接戦となっている。古賀は自民・公明の支持層を手堅くまとめる。白川は国民以外の野党支持者にも浸透し、無党派層への広がりもみせる。

≪熊本≫

 自民現職の馬場が一歩リードし、野党統一候補の無所属新人の阿部が追う展開となっている。再選を目指す馬場は自民支持層を着実に固める。阿部は共闘態勢を組んだ野党系の支持を集めるとともに、無党派層にも浸透している。N国党新人の最勝寺は伸び悩む。

≪大分≫

 野党統一候補の無所属新人の安達と3選を目指す自民現職の礒崎の接戦で、九州随一の激戦区となっている。安達は立民、国民、社民などの支持層を固め、共産や維新支持層への浸透も図る。礒崎も組織固めを進めており、無党派層が勝敗の鍵を握りそうだ。N国党新人の牧原は厳しい。

≪宮崎≫

 自民現職の長峯が安定した戦いぶりをみせ、野党統一候補の立民新人の園生と幸福新人の河野を大きくリードしている。長峯は保守層を手堅くまとめ、無党派層にも浸透。園生は立民はじめ野党支持層はまとめたが、無党派層への広がりは今ひとつだ。河野は厳しい戦い。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

参院選ニュース速報 産経公式Twitter

ランキング

ブランドコンテンツ