PR

参院選2019特集 政治

【参院選】中盤情勢・関東 東京は残る3枠に武見・立民2人・音喜多 

前のニュース

≪茨城≫

 自民現職の上月(こうづき)が盤石の戦いで抜け出し、立民新人の小沼(おぬま)が2議席目をうかがう。共産新人の大内が追い、維新新人の海野は巻き返しを期す。

 上月は自民支持層をほぼ固め、公明支持層の大半を取り込んだ。小沼は立民に加え、国民支持層の一部に浸透。大内は共産支持層をほぼまとめ、海野も維新の大半を押さえたが、他党への広がりを欠く。N国党新人の田中は苦戦している。

≪栃木≫

 再選を狙う自民現職の高橋が優位に立ち、立民新人の加藤が追う。高橋は組織力を生かして自民支持層をほぼ固め、公明支持層も押さえる。加藤は立民と共産の支持層に幅広く浸透し、国民支持層の一部も取り込むが、厚い保守地盤を相手に勢いに欠ける。

≪群馬≫

 自民新人の清水が野党統一候補の立民新人、斉藤を大きくリードする。清水は強固な保守地盤を背景に自民、公明支持層の大半を固めた。斉藤は立民支持層の大半を押さえ、支援を受ける国民、共産支持層の一部にも浸透しているが、まとめ切れていない。

≪埼玉≫

 改選数が3から4に増えた。自民現職の古川と立民新人の熊谷が大きくリードし、次いで共産新人の伊藤、公明現職の矢倉が優位に立つ。国民新人の宍戸や維新新人の沢田ら5人は苦戦している。

 6年前に約100万票を得た古川は自民支持層をほぼ固め、3選に向けて安定した戦いを展開している。熊谷は立民支持層の大半を固め、国民、社民支持層にも浸透している。

 21年ぶりの議席獲得を目指し党を挙げた支援を受ける伊藤は、共産支持層をほぼ固めた。社民支持層の一部にも食い込んでいる。再選を狙う矢倉も公明支持層をほぼ固め、安定した選挙戦を進める。

 宍戸は国民支持層の半数しか支持を固め切れておらず、一部が熊谷に流れるなど厳しい戦いを強いられている。

 沢田も維新の大半を固めたが、支持に広がりを欠く。

≪千葉≫

 立民現職の長浜、自民現職の石井が優位に立ち、3議席目をめぐり、自民現職の豊田と共産新人の浅野が接戦を演じる展開。安楽死制度会新人の門田とN国党新人の平塚は厳しい。

 長浜は、立民、国民支持層の半数以上を固めたほか、社民や維新の支持層にも食い込み、安定した戦い。石井は自民、公明の約半数を固めた。石井と支持層を分け合う豊田は、石井とともに無党派層への浸透を図る。

 浅野は共産支持層の大半をまとめ上げたが、無党派層や他党支持者への拡大に苦戦している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

参院選ニュース速報 産経公式Twitter

ランキング

ブランドコンテンツ