PR

ニュース 政治

兵庫県知事が神戸空港運用拡大を国に提案へ

井戸敏三知事が運用拡大を求める考えを示した神戸空港
井戸敏三知事が運用拡大を求める考えを示した神戸空港

 来年度の国の予算編成に向け、兵庫県の井戸敏三知事は8日の定例会見で、神戸空港発着の全ての国際チャーター便運航を認めるなど、国際化を視野に入れた同空港の運用拡大を求める考えを示した。

 同空港をめぐっては、5月の関西3空港懇談会で発着回数の1日60回から80回への拡大、運用時間の午後11時までの延長が合意されたが、井戸知事はさらなる発着枠拡大と運用時間延長を要望するとした。

 特に2025年大阪・関西万博を控え、神戸空港の国際化が検討課題にあげられているため、「国際チャーター便を飛ばして(定期便就航への)実績をつくることが大切」と強調。スカイマークの増便にもふれ、「(将来に)期待できる対応だ」と歓迎した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ