PR

ニュース 政治

国会議員所得報告・首相4千万円でトップ 党首所得、2位片山氏

 8日公開の国会議員所得報告で与野党7党首の所得総額を比較すると、安倍晋三首相(自民党総裁)が4028万円でトップに立った。2位は日本維新の会の片山虎之助共同代表で2234万円。首相以外の党首は、全議員の平均を下回った。

 首相が1位になったのは、平成24年の第2次政権以降初めて。29年分まで自由党代表として6年連続トップだった小沢一郎氏が、国民民主党との合流により対象から外れたため首位になった。

 3位は公明党の山口那津男代表で2224万円。4位には2214万円だった立憲民主党の枝野幸男代表が入った。以下、国民民主党の玉木雄一郎代表(2074万円)、共産党の志位和夫委員長(2027万円)、社民党の又市征治党首(1992万円)と続いた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ