PR

ニュース 政治

西村副長官「強く懸念」イランのウラン濃縮拡大で

会見に臨む西村康稔官房副長官=8日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む西村康稔官房副長官=8日午前、首相官邸(春名中撮影)

 西村康稔官房副長官は8日午前の記者会見で、イランが核合意の規定以上の濃縮度のウラン製造に着手すると表明したことについて「強く懸念している」と述べた。西村氏は「核合意を取り巻く情勢や中東地域における緊張の高まりを深刻に懸念している。注視をしている」とも語った。

 西村氏は「イランに対し核合意を順守し、核合意上のコミットメントに即座に戻るとともに、核合意を損なうさらなる措置を控えるよう、改めて強く求めていきたい」と述べた。中東情勢に関する日本政府の姿勢について「対話により解決すべきとの立場だ」とした上で、緊張緩和に向けて外交努力を続ける考えを強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ