PR

ニュース 政治

【産経FNN合同調査】参院選中盤情勢 改憲勢力「3分の2」割れも

前のニュース

 産経新聞社は8日、FNN(フジニュースネットワーク)と合同で実施した電話による情勢調査(6、7日)に全国総支局の取材を加味し、21日投開票の参院選(改選124議席)の中盤情勢を探った。自民、公明両党の獲得議席数は改選過半数の63議席を超えて72議席前後を獲得する勢いだ。ただ、自公に日本維新の会などを加えた憲法改正に前向きな「改憲勢力」は、現在確保している国会発議に必要な3分の2(164議席)を割り込む可能性がある。

 自公は安倍晋三首相(自民党総裁)が目標とする非改選70議席を含めた参院全体の過半数(123議席)に必要な53議席を大幅に上回ることが確実な情勢だ。

 改憲勢力の非改選は79議席。3分の2の維持には今回85議席が必要だが、中盤情勢では79議席前後にとどまる見込みとなっている。

 選挙区(74議席)では、自民が39議席前後を獲得する見通しだ。全体の勝敗を左右する32の改選1人区でも自民は19選挙区で先行している。野党5党派の統一候補は秋田や沖縄など6選挙区で自民候補をリード。宮城、山形、滋賀など7選挙区では自民と野党が接戦を展開している。

 比例代表(50議席)で自民は20議席前後を確保する見通しだ。今後の情勢次第では、非拘束名簿式が導入された平成13年以降で最高だった同年の20議席を上回る可能性もある。公明は6選挙区で当選が見込め、最重点区とする兵庫で激戦を展開している。比例は前回の28年参院選と同じ7議席を獲得する見込みだ。

 野党は立憲民主党が改選9議席から倍以上の議席を獲得するとみられ、非改選と合わせ引き続き参院で野党第一党を維持するのは確実。国民民主党は5議席前後にとどまり、改選8議席の確保は困難な情勢だ。

 共産党は改選の8議席、維新も改選の7議席の確保がそれぞれ見込まれる。社民党は昭和30年に再統一した前身の旧社会党も含め国政選挙で初めて議席が獲得できない可能性がある。

 ただ、投票先を決めていないとの回答が約2割あり、投開票日までに流動的な要素もある。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ