PR

参院選2019特集 政治

参院選・群馬知事選 選挙サンデー…清水氏、山本氏と共闘 斉藤氏には枝野氏応援

■知事選

 知事選では、元全群馬教職員組合執行委員長の石田清人氏(62)=共産推薦=が選挙カーで伊勢崎市を中心に回り、遊説した。石田氏は「大型公共事業を優先する県政を続けてよいのか。県民の暮らしを支援する県政が求められている」などと主張。告示以降、各地で遊説を繰り広げている石田氏は「有権者の反応は上がってきている」と手応えを感じていた。

 清水氏を迎えた山本氏の決起大会は、票田の前橋市の選挙事務所に県議や地元市議のほか500人以上の支持者らが参集した。青色ジャンパーにスニーカー姿で現れた山本氏は「県民が幸せを感じられるような群馬をつくりたい。そのために知事になることはどんな大臣になるよりも価値がある」と断言した。「参院選では清水氏に一票を」と呼びかける一幕も。

■投票率アップへ啓発グッズ配布

 参院選、知事選をめぐっては投票率が低迷し、平成28年の前回参院選は50・51%、27年の前回知事選は31・36%といずれも過去最低を更新している。県選挙管理委員会や各選管では投票率アップに向けさまざまな施策を展開しており、選挙サンデーの7日は前橋市内で、県内大学生による選挙啓発チーム「G-vote18」メンバーらが通行人らに啓発グッズを配布するなどして投票を呼びかけた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

参院選ニュース速報 産経公式Twitter

ランキング

ブランドコンテンツ