PR

参院選2019特集 政治

【参院選】長崎 自民VS国民が軸

 長崎選挙区は自民現職の古賀友一郎氏(51)と国民の新人、白川鮎美氏(39)の争いが軸となる。

 街頭でマイクを握った古賀氏は「国会や党で汗を流してきた経験を、次につなげたい。社会保障と経済成長を持続させなければならない」と訴えた。

 野党統一候補となった白川氏は「国の方向性と、暮らしの方向性を変える大切な選挙」と政治の転換を呼びかけた。

 諸派新人の神谷幸太郎氏(43)も立候補を届け出た。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

参院選ニュース速報 産経公式Twitter

ランキング

ブランドコンテンツ