PR

参院選2019特集 政治

参院選公示 東京選挙区は20人出馬、激戦へ

■音喜多駿氏(日本維新の会新人)

 地元・北区の十条駅で、午前10時半前に出陣式をスタート。小雨の中、傘を差さずに道行く人へ声をかけ続けた。

 4月の北区長選で落選。今回の出馬について「落選という重い結果を受け、進退について深く考えた。5万4072人からの思いを無駄にしてしまうわけにはいかない。もう一度戦いたい」と決意表明した。

 社会保障で「他党はもっともっと水を注ぎ続けると言っているが、バケツを抜本的に交換しなければ」と指摘。「年金制度を若い世代が損をしない、世代間の公平性が担保された制度に変えていく」とする一方、「緊縮ばかりではと思われがちだが、使うべきところ、将来世代には大胆に投資をしていく」と訴えた。

■七海ひろこ氏(幸福実現党新人)

 千代田区の有楽町駅前で正午、釈量子党首(49)の応援を受けながら、「与党でもない、野党でもない、新しい選択肢としての幸福実現党を、皆さんに選んでいただきたいと心の底より思っている」と声を張り上げた。

 香港で続く混乱に触れながら、「ほかのどの政党も言っていない争点」として「対中国戦略で他の国々と力を合わせ、絶対に中国の人権弾圧を許さない、言論統制を許さない。これをしっかり言っている政党は一体どこなのか。見極めていただきたいと思う」と訴えた。

 また、結党以来、消費増税に反対する立場を維持してきたとして「消費税減税、5%に戻そうではないか」と呼びかけた。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

参院選ニュース速報 産経公式Twitter

ランキング

ブランドコンテンツ