PR

ニュース 政治

参院選公示 東京選挙区は20人出馬、激戦へ

前のニュース

参院選が公示され、雨の中、候補者らの訴えを聞く有権者ら=4日午前、東京都新宿区(飯田英男撮影)
参院選が公示され、雨の中、候補者らの訴えを聞く有権者ら=4日午前、東京都新宿区(飯田英男撮影)

 4日公示された参院選で、東京選挙区(改選数6)には20人が立候補し、雨模様の街で舌戦がスタートした。現職の山本太郎氏(44)=れいわ新選組代表=が直前に比例代表に転出したため、現職の立候補は4人(自民2人、公明・共産各1人)。1増の改選数と合わせて新人らの当選可能性が高まった格好で、2人を擁立した立民のほかに国民、維新、社民など各党候補による激しい戦いが予想される。れいわ、オリーブの木、NHKから国民を守る党、安楽死制度を考える会なども候補者を擁立した。選挙人名簿登録者数は3日現在で1148万8894人。

 主な選挙区立候補者の第一声は以下の通り(届け出順)。

■丸川珠代氏(自民党現職)

 午前10時、港区の東京メトロ外苑前駅近くで、官房長官の菅義偉氏(70)とともに第一声を上げた。

 任期中に五輪相や環境相を歴任したことを踏まえ、「ラグビーワールドカップや東京五輪・パラリンピックが迫っている。東京の力を最大限に磨き輝かせたい」と述べ、幅広い世代がスポーツに親しめる文化を育成することを主張。インフラの整備などにより、災害やテロに強い街づくりも打ち出した。

 一方、科学技術の発達を受け、人間らしさを持ちながら、人工知能などを使いこなせる教育の重要性を強調。任期中に自らも子育てと介護をした経験から、「介護する側、される側がそれぞれ安心できる環境を整備する」と訴えた。

■塩村文夏氏(立憲民主党新人)

 雨が降りしきる中、午前10時過ぎから新宿区の新宿駅東南口で「これまでの政治は本当におかしかった」と声を張り上げ、選挙戦をスタートさせた。

 待機児童問題や子育て支援策など、自身の都議時代の取り組みをまずアピール。その後、「私たちの暮らしは良くなったのか。総理が言うように、本当に景気回復を実感できているのか」と問いかけ、安倍政権の景気回復施策などに疑問を呈した。

 さらに介護給付費の削減や、「老後資金2千万円」が必要とされた年金問題にも言及。これらの問題への取り組みを約束し、「どうか皆さんと今のおかしな政治を変えていきたい。安心して年をとれる日本に私はしていきたい」と訴えた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ