PR

ニュース 政治

参院選第一声詳報 幸福実現党・釈量子党首「消費税は5%に、憲法9条改正を」

 日露の間にも、平和条約を締結することで、ロシアや北朝鮮、こうした国を抑える大きな一手になると考えております。私たちは、この日本が世界の大国になるビジョンがあるんです。

 最後に、私たちは宗教政党です。日本では抵抗を感じる方が多いかもしれません。しかし、米国の大統領は常に聖書に手を置いて宣誓し、ドイツのメルケル首相はキリスト教(民主)同盟です。中東の国はイスラムの教えに基づいて、国の判断をしております。これからそうした宗教の紛争がある中で、日本が仲裁役となるためにも、宗教を軽く見たり、あるいは否定するような政治家、こうした方々は実は日本の政治家として、もうやっていけないんじゃないでしょうか。

 古来、精神的な大国である日本。神様を信じ、仏様を信じるこの日本。その政治の奥にそうした神々の理想がある、これ世界で当たり前なんです。そうした日本の強みを生かして、私たち幸福実現党、戦ってまいりたいと思います。

 最後にもう一度申し上げます。安い税金、小さな政府、消費税を5%に下げて、一人一人を豊かにします。自分の国は自分で守る、この方向に向けて、私たち幸福実現党は憲法9条の根本改正いたします。そして3番目に国民一人一人が希望の持てる国づくり、これを目指してまいりたいと思います。ありがとうございました。全国の皆さまとともに、幸福実現党、明日の未来のあるべき日本の姿を懸けて戦ってまいります。がんばるぞ。ありがとうございます。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ