PR

ニュース 政治

参院選第一声詳報 日本維新の会・松井一郎代表「徹底的改革で消費税上げずに教育無償化実現」

 「大阪を良くしたのは自分だ」なんて言っているけど、12年前の大阪を思い出してもらいたい。ずっと赤字で、皆さんへのサービスはカット、カット。借金は皆さんにツケ回しばっかり。なのに、自分は報酬は満額もらって、退職金も8300万もらって、「はい、さよなら」ですから。

 政治というのは現実なんです、生活そのもの。結果責任です。結果を見てもらって、われわれ、少しはマシな政治を大阪ではやってきたと思いますんで。100点満点でないのは十分、承知しております。われわれにも足りないところは沢山ある。でも、われわれは言ったことは守ってまいりました。

 選挙というのは、政策を訴え、それを実行していく。それが選挙で選ぶ基準です。口先でいいことだけ言う。結果、当選すれば知らんぷり。これがまさに増税のときの国会議員の身を切る改革というものなんです。

 2011年の、あの震災のあと、2012年、復興増税がスタートした。今も皆さんは市民税に上乗せで、東北の皆さんを支えるために復興増税の負担を皆さんが支えていただいてるんです。そのときの約束が身を切る改革だったんです。

 何もわれわれから言い出した話ではないんです。国会議員においても。復興増税のときに国民に負担お願いするんなら、国会議員も当たり前だと。そのときは自民党から共産党まで全会一致で、国会議員の報酬2割カット、スタートさせたんです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ